BLOG

最新のブログ記事

今週の新トピックをチェック

ヒロロ健康広場では、弘前大学が開発したQOL健診の測定項目(簡易型)をいつでも気軽に受けることができます。その場で測定結果がわかり、保健師・看護師による結果説明や生活習慣のアドバイス等も行います。生活の質(Quality of Life)向上のため、ぜひ自らの健康度を確かめて、健康づくりの知識も身につけましょう。

疾病から身を守る

2024年02月19日

わたしたちが病気になった時、多くのケースでお世話になる薬。正しく服用すれば、病気や症状の改善に効果を発揮してくれますが、服用の仕方を誤ると逆に身体に悪影響を及ぼしてしまうリスクもあります。健康な心身をいち早く取り戻すためにも、薬は正しい知識をもって正しく服用することが大切です。

花粉症の発症には免疫機能の異常が関係していると言われています。花粉症の発症や症状の悪化を防ぐために、日ごろから、睡眠をよくとる、規則正しい生活習慣を身につける、適度な運動をするなどして、正常な免疫機能を保つようにしましょう。また、鼻などの粘膜を正常に保つために、風邪をひかない、たばこを吸わない、過度の飲酒をしないといったことも心掛けましょう。

「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」は、先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に製造・販売される、「先発医薬品と同じ有効成分を同量含んでおり、(先発医薬品と)同等の効き目がある」と認められた医薬品です。先発医薬品に比べて薬の値段が5割程度、中にはそれ以上安くなるものもあるため、一人ひとりの自己負担や国民医療費の抑制にもつながります。特徴やメリットを理解していただき、ぜひジェネリック医薬品をご活用ください。

骨髄(こつずい)バンクは、白血病などの血液疾患の治療のための造血幹細胞移植のうち「骨髄移植」や「末梢血幹細胞移植」が必要な患者さんと、それを提供するドナーをつなぐ公的事業です。適合するドナーが見つかる確率は兄弟姉妹の間でも4分の1、血のつながっていない他人になると数百から数万分の1です。移植を希望する全ての患者さんがチャンスを得るためには、一人でも多くのかたのドナー登録への協力が必要です。

昨年はマエダ調剤薬局をご利用していただき心より御礼を申し上げます。おかげさまでマエダファーマシーのマエダ調剤薬局は黒石店を加えて10店舗となりました。本年もマエダ調剤薬局をどうぞよろしくお願いいたします。 マエダファーマシー 代表 前田 淳彦

「場の空気を壊したくないから」「強く勧められたから」――そんな理由で、短時間に多量のお酒を飲む、いわゆる「イッキ飲み」をしたり、他人にさせたりしたことはありませんか?それは、命にかかわる「急性アルコール中毒」になりかねない危険な行為です。正しい知識を身につけて、楽しく安全にお酒と付き合いましょう。

高齢者や障害者、こどもや女性に対する暴行・虐待や嫌がらせなど様々な人権問題が起きています。全国の法務局では、面談や電話・インターネットなどで、こうした被害を受けて困っているかたやそれを見聞きしたかたからの相談を受け、救済に取り組んでいます。もし思い悩んだら、一人で抱え込まずいつでもご相談ください。

最近、海外で流通している医薬品や化粧品、医療機器などを、旅行先やインターネットを通じて購入するなど個人輸入する方が増えています。しかし、こうした医薬品などは、日本の医薬品医療機器等法に基づく安全性や有効性が確認されていないなどのリスクがあり、使用による健康被害も多数報告されています。そこで、こうした医薬品などが不正に国内へ流入しないよう、また私たち国民の保健衛生上の危害を防止するため、医薬品などの個人輸入は「自分自身での使用のみ認められる」などのルールが設けられています。海外から医薬品の個人輸入をするときには、事前にこうしたルールを把握したうえで、医師や薬剤師などの専門家と相談して、そのリスクと必要性を十分に検討してください。

マエダ調剤薬局の10店舗目になる黒石店がオープンしました。黒石市役所をはじめ多くの公共施設が近くにあり、こみせ通りクリニック様をはじめ多くの医療機関の患者様が利用しています。中町こみせ通りに面していますのでイベント時には多くの人で賑わいます。

熱が下がっても、インフルエンザウイルスは体内に残っています。周囲の人への感染を防ぐため、熱が下がった後も、インフルエンザウイルスは体外へ排出されるので、数日は学校や職場などに行かないようにし、自宅療養することが望ましいでしょう。また、次のようなことにも気をつけてください。